マーベロン(低用量ピル)の副作用

女性が、自分の意志でできる避妊として推奨されている低用量ピル、国内で取り扱われているピルにはいろいろな種類がありますが、中でもマーベロンは、最も副作用が少ないピルだといわれています。
ピルの副作用は主に、頭痛、吐き気、体重増加、ニキビなどが挙げられますが、マーベロンはこういった不快感が現れる頻度が、格段に少ないピルだと評されています。
ただしそれは副作用が全くないということを意味しているのではなく、マーベロンはホルモン量が少ないため、他のピルに比べると副作用が出にくいというということのようです。
しかしながらホルモン量が少ないために、服用中に不正出血などが見られることも多いようで、人によっては注意しなければならないこともあるようです。
しかし大半の方は、毎日決まった時間に飲むように習慣づけていくと、体が慣れてくれば出血もなくなってくるようなので、それほど心配することもありません。
マーベロンは副効果と呼ばれる、女性に取ってはうれしい報告のほうが多く、生理に伴う様々な不快感がかなり軽減されるといわれており、生理痛や経血の量が驚くほど少なくなるので、子宮内膜症や月経前症候群に悩む方の治療薬としても勧められています。
またニキビの改善などの美肌効果も高いといわれており、体調ともに良くなるので長年飲まれている方も多いピルだといわれています。
しかしながら、やはり中には体に合わない方もおり、飲み始めてすぐにむくみや吐き気に悩まされることも報告されているので、不安に感じる場合は医師に相談することが大切です。
ピルはホルモン剤なので、体が慣れてくればいろいろな副作用はなくなっていくことが一般的なので、少し様子を見ることも大切です。

■避妊に万が一失敗してしまっても大丈夫
妊娠を防ぐならアイピルにおまかせ!

■マーベロンが合わなかった方はこちらをお試しください
ヤーズ 通販