マーベロンに含まれる女性ホルモン、本当に妊娠しない?

マーベロンには黄体ホルモンと卵胞ホルモンという二つの女性ホルモンが含まれています。これらの女性ホルモンがうまく作用することによって、高い避妊効果を得ることができます。
女性の体は脳下垂体からホルモン成分が分泌され、それが子宮内で作用して排卵が促されたり、あるいは子宮内組織を妊娠にてきした状態にしていきます。マーベロンは服用することでこのホルモン成分を体内に取り入れることができるので、脳下垂体がすでにホルモンは分泌されたものだと勘違いをして、先に述べた働きを止めていくのです。つまり、その時点で排卵が止まり、子宮内も妊娠しにくい状態へと持っていくことができます。
もちろん、完璧に避妊が可能なのかというわけではないのでしょうが、他の避妊道具や方法を併用していけば高い確率で妊娠を避けることができるのです。
ただ、このマーベロン、毎日同じ時間に飲み続けなければ女性ホルモンの効果を維持することができないという注意点もあります。飲み忘れが1日以上あるとその時点で避妊効果を継続していくことが出来ないのです。1日以内であれば気が付いた時点で飲み忘れのピルを服用すれば問題ありませんが、時間を過ぎてしまった場合、その期間はマーベロンの服用を止めて、また次回の生理から服用を再開していくことになります。
ただ、例外として、偽薬期間中に関しては錠剤の中に有効成分は含まれていないので飲み忘れても問題はありません。この話はあくまで実薬を服用する期間中の注意点なので、間違えないようにしましょ。治療目的でマーベロンを利用しているという人は別ですが、少なくとも避妊目的でマーベロンを服用しているという人はこれらの注意点をしっかり押さえておくことをおすすめします。